部門案内

リハビリテーション科

リハビリテーション科について

 

リハビリテーション科では、腰、膝が痛い、骨折、脳血管障害、病気や認知症で体の動きが上手く出来なくなったなどの外来患者様、および入院中の患者様が再び元気になれるよう、担当の理学療法士、作業療法士がお手伝いさせていただいております。

 

当院は2ヵ所の訓練室を設けています。1階外来フロアの広さ200㎡の訓練室では主に外来患者様を、また屋上に面し眺めの良い6階80㎡の訓練室では療養病棟を含む入院患者様のリハビリを中心に行っています。

 

【構成スタッフ】
リハ専任医・・・3名
理学療法士・・・4名
作業療法士・・・7名
リハ助手 ・・・4名
(平成28年4月現在)

 

【リハビリの内容】
物理療法・・・温熱療法、光線療法、電気療法、牽引療法など機器を使用し体の痛みや循環の改善を図っていきます。

 

運動療法・・・理学療法士、作業療法士と筋力、 関節可動域、バランス能力の改善、痛みの軽減などをしていくことで、日常生活での運動能力を高めます。他、腰痛体操指導やボツリヌス療法後の運動も行っております。

 

riha1 riha2 riha3 riha4